矯正装置について

表側矯正

メタルブラケットによる表側矯正


1つ1つの歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を付け、それらを細い金属製のワイヤーで結んだり、引っ張り合ったりする装置です。

メタルブラケットの場合、ブラケットは金属製となり、クリアブラケットよりも見た目は目立ちますが、ワイヤーもブラケットも金属なので、電車が線路を走るように、スムーズに歯が移動しやすく、治療期間はすべての装置の中で最も短くなります。また、装置も比較的小さいために違和感や痛みが比較的少ないです。

メタルブラケットによる表側矯正

クリアブラケットによる表側矯正

歯の表面に付けるブラケットが、白くて透明感のあるセラミック製で、治療用のワイヤーに白く目立ちにくい加工を施しています。そのため、少し見ただけでは人に気づかれにくいのが特長です。

裏側矯正装置よりも費用がリーズナブルで、マウスピース装置よりも治療可能なかみ合わせが多く、治療期間も短いため、コストパフォーマンスが非常に良い装置です。

クリアブラケットによる表側矯正

当院で表側矯正を行うメリット

当院で表側矯正を行うメリット

当院院長は大学病院の矯正歯科に入局して以降、いかに「早く」、「痛みなく」矯正治療を行えるかを考え、治療と研究を行ってきました。

一般的に「早い」矯正治療では痛みが伴い、「痛くない」矯正治療では期間が長くなりがちと言われています。院長が得意とする「ナガサキ-メソッド」に基づいた矯正治療では、この相反する2つを同時に達成することが可能です。

当院で表側矯正を行うメリット

また、国立の大学病院矯正歯科の助教(教員)として、他院で対応できない、多くの難症例の受け入れを行ってきました。大学病院内でも、わかりやすい説明と、その技術が高く評価されており、教授をはじめとした矯正歯科内だけでなく、口腔外科、補綴(かぶせもの)科、小児歯科などから、難症例の担当を特別に指名されており、多くの国際学会で症例発表も行っています。

歯ならびを治したいけれど、治療期間が長く、痛みを伴うことによる社会生活への影響を心配して、治療をためらわれていた中学生、高校生、大学生だけでなく、ご結婚を控えられた方や社会人の方に、ぜひお勧めしたい治療法です。