お悩み別で探す

人に気づかれずに治療したい

人に気づかれずに治療したい方の手技・装置の一覧・詳細

表側矯正
(メタルブラケット、クリアブラケット)

歯の表面に付けるブラケットが、白くて透明感のあるセラミック製で、治療用のワイヤーに白く目立ちにくい加工を施しています。そのため、少し見ただけでは人に気づかれにくいのが特長です。

裏側矯正装置よりも費用がリーズナブルで、マウスピース装置よりも治療可能なかみ合わせが多く、治療期間も短いため、コストパフォーマンスが非常に良い装置です。

表側矯正

裏側矯正
(リンガル、ハーフリンガル)

1つ1つの歯の裏側に金属製のブラケットを付け、それらを細い金属製のワイヤーで結んだり、引っ張り合ったりする装置です。歯の裏側に装置やワイヤーを付けるため、表側から装置が見えることはありません。そのため、モデルやタレントなど、仕事などで装置をつけていることを気づかれたくない方々の多くがこの装置で治療されています。また、インビザライン(マウスピース矯正)矯正ではできない、複雑な歯の移動が可能なため、様々なかみ合わせの不正も治療することができます。

人から見えにくい下の歯の装置を、表側矯正のクリアブラケット(白い表側矯正)にして、上の歯だけリンガルにする「ハーフリンガル」という装置にすれば、目立たないうえに費用も抑えることも可能です。

裏側矯正
症例画像

インビザライン
(マウスピース矯正)

マウスピースは透明でほとんど目立ちません。歯にぴったりフィットするので、ワイヤーを用いた矯正治療とは異なり、痛みもありませんし、違和感が少なく、しゃべりやすいです。また、結婚式、卒業式、写真撮影など、どうしても装置を付けたくない日には外しておくことができます。

他にも「痛くない」「通院回数が少ない」「むし歯になりにくい」など、他の治療法にはないメリットが多いことが特徴です。

当院院長はインビザラインを用いた難症例の治療経験が豊富で、力学解析に基づき、科学的な治療計画のシミュレーションを行っています。そのため、治療が難しいとされるかみ合わせにも十分対応可能ですので、安心して治療を受けていただけます。

インビザライン
症例画像

裏側部分矯正

「費用を抑えたいけれど目立ちたくない」「人に気づかれないように1本だけ出ている歯ならびを治したい」など、お困りの方におすすめの治療法です。

前歯の裏側にだけブラケットを付けるため、人に知られずに矯正治療を行うことができます。 歯を少しだけ小さく削ることで、でこぼこを治すすき間を作って治療するため、比較的短期間に前歯をきれいに整えることができます。ただし、でこぼこの量が大きすぎる場合には前歯が全体的に前に出てしまい、上下の前歯が当たらなくなってしまうため裏側部分矯正では治療できない場合があります。

裏側部分矯正
症例画像

プラン例

主訴 装置 手技 見た目
Aさん26歳 デコボコ 表側矯正(メタル) ナガサキメソッド 目立たない
Bさん27歳
接客業
デコボコ 裏側矯正
(ハーフリンガル)
とても目立たない
Cさん26歳
モデル
歯ならびを整えたい 裏側矯正
(リンガル)
見えない
裏側矯正 部分矯正 見えない
マウスピース矯正 ほぼ見えない