お悩み別で探す

治療中の痛みを少なくしたい

治療中の痛みを少なくしたい方の手技・装置の一覧・詳細

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)矯正はワイヤーを使う矯正治療と異なり、1枚のマウスピースでの歯の移動量を、歯根膜(歯と骨をつなぐ靭帯)のすき間の中で収まるようにしているので、治療中、少し歯が引っ張られる感じがするくらいで、痛みは「全く」ありません!「矯正治療は痛いからしたくない」と悩んでいる方に、ぜひおすすめしたい治療法です。

症例画像
症例画像

表側矯正(メタルブラケット)

インビザライン(マウスピース矯正)矯正は痛みが少なく、見た目も目立ちにくいため非常に良い治療法ですが、かみ合わせの微調整のために、何回か作り直しを行うことが多く、治療期間が少し予測しにくいことがデメリットとなります。

症例画像

当院で使用しているメタル装置は、歯に付けるブラケットの横幅が狭く、となり合う歯との装置同士の間(ブラケット間距離)が通常の矯正装置よりも長くなっています。このことで、ワイヤーが効率良くしなり、適度な力が歯に伝わることで、痛みが少なく、スピーディーにでこぼこを治すことが可能となりました。

症例画像