矯正治療について

幼児の矯正

この年齢の口腔内の特徴


生後6か月ごろに前歯から順に乳歯が生えはじめ、2歳半ごろには乳歯が全て生えそろいます。大人の歯ならびと違って、子どもの歯ならびは上下の前歯の先どうしが合わさっているのが特徴です。

この時期に上の前歯が前に出ていたり、前歯のかみ合わせが反対になっていたりすると、大人の歯ならびでも同様のかみ合わせとなる確率が高いことが知られています。

また、乳歯は大人の歯に比べて弱く、きちんと歯みがきをしないと、すぐにむし歯になったり、矯正治療などで強い力がかかると傷んでしまったりします。

この年齢の口腔内の特徴

治療方針(装置、期間など)

幼児期では、まだお子さんが歯医者さんに慣れていない場合が多いです。そのため、この時期に痛い思いや怖い思いをしてしまうと「歯医者さん嫌い」になってしまい、そのことで今後の治療やお口の健康に支障を及ぼしてしまうこともあります。

そこで当院では、子ども専用の矯正装置を用いて、お子さまやご家族の負担を最小限に抑えることを心がけた治療を行っています。

乳歯に強い力がかかると傷んでしまうので、ゴム製のやわらかい装置を使って、かむ力(咬合力)や唇や頬、舌など、お子さんの持っている自然な力を利用して歯ならびやあごを適切な状態へ治療して行きます。

6歳ごろの大人の歯が生えはじめる時期まで、寝ている時、家でテレビを観ている 時などに使用します。取り外し式のため、歯みがきがしやすく、自然な力を利用して治療するため、痛みが格段に少ないことが特長です。

取り外し式の矯正装置(T4K, ムーシールドなど)

取り外し式の矯正装置(T4K, ムーシールドなど)

適正な開始時期にスタートする利点

  • 早期に治療することで、あごが適切な大きさ、位置に改善しやすい
  • 永久歯が生えるとき、あごが適切な大きさ、位置になっているため、生え変わり時にトラブルが起きにくく、大人になった時に正しいかみ合わせになりやすい
  • 取り外し式の装置で治療するため、歯みがきがしやすく、むし歯になりにくい
  • 自然な力を利用して治療する治療のため、痛みが格段に少ない
  • 「歯医者さん」=「痛くない」「楽しい」というイメージができるので、生涯にわたってお口の健康への意識が高くなる

適正な開始時期に矯正治療をスタートすることは、お子さまにとって、上記のようにメリットがたくさんあります。

適正な開始時期にスタートする利点

時期は個人差がありますので、まずは初診相談を受診し、矯正専門医の見解を確認してください。
矯正治療をスタートする・しないに関わらず、適正な開始時期を逃さないよう早めに初診相談を受診することをおすすめします。