矯正装置について

マウスピース型矯正歯科装置
(インビザライン)

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)とは


表側矯正、裏側矯正とは全く異なる新しい矯正治療法で、透明なマウスピースを歯にはめることで治療を行います。

インビザライン

コンピュータシミュレーションを用いて歯をきれいに並べ、これに合わせたマウスピースを作り、実際にこれを歯にはめて動かしていく治療法です。

最初の歯ならびに、きれいな歯ならびのマウスピースをはめようとしても、ズレが大きすぎて、きちんと歯にはめることはできません。そこで、シミュレーション上ですこしずつ歯を動かした数十枚のマウスピースを作成し、定期的に順次交換していくことで、徐々に歯を動かしていきます。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)の特徴

インビザラインのメリットは非常に多く、「目立たない」「痛くない」「取り外しができる」「通院回数が少ない」「むし歯になりにくい」などが挙げられます。

マウスピースは透明でほとんど目立ちません。そのため、見えないように治療を希望される方におすすめです。また、歯にフィットするので、ワイヤーを用いた矯正治療とは異なり、痛みもありませんし、違和感が少なく、しゃべりやすいです。

ワイヤーを使った装置は常に口の中に装置が入っていますが、インビザラインは、外したいときには自分で外せるため、結婚式、卒業式、成人式など、装置を付けたくない日には外しておくことができます。

通院間隔はおおむね2ヶ月に1回程度で、状況によりさらに間隔を延ばすことも可能です。そのため、ワイヤー矯正のように頻繁に通院する必要がありません。受験、留学、転勤、海外赴任などのさまざまな環境の変化に対応しやすく、今まで通院が困難で歯ならびの治療をためらわれていた方にもおすすめできる治療法です。

インビザライン


外した状態で食事ができるため、食事が装置に挟まることもありません。歯みがきも、治療していない状態のように可能なため、むし歯や歯周病になるリスクが低いことも特長です。

このようにメリットが多い治療ですが、きちんと指示通りに装置をはめることができない場合や、シミュレーションにて、マウスピースでの確実な移動が困難であると思われる場合には、インビザラインとワイヤー矯正のそれぞれの治療メリットを生かして、組み合わせて治療を行うこともあります。

インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

当院でマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を行うメリット

当院でインビザライン(マウスピース矯正)を行うメリット

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)でもワイヤー矯正でも、矯正治療においては、歯の移動を「最短距離」で効率的に行うことが治療のカギとなります。マウスピースを使って治療する場合、歯が移動する速度はワイヤー矯正の約半分と言われるため、効率の悪い治療をして、治療期間が長くなると、治療期間への悪影響をワイヤー矯正の2倍受けてしまうことになります。

当院でインビザライン(マウスピース矯正)を行うメリット

当院院長はマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を用いた難症例の治療経験が豊富で、力学解析に基づき、科学的な治療計画のシミュレーションを行っています。そのため、治療が難しいとされるかみ合わせにも十分対応可能ですので、安心して治療を受けていただけます。

当院では、無料初診相談を受診していただくことで、矯正専門医院の特色を生かした様々な治療方法の提案が可能です。ご相談の上、最適、最良な方法を選択して治療を行います。