矯正装置について

裏側矯正/舌側矯正

リンガルとは


1つ1つの歯の裏側に金属製のブラケットを付け、それらを細い金属製のワイヤーで結んだり、引っ張り合ったりする装置です。歯の裏側に装置やワイヤーを付けるため、表側から装置が見えることはありません。

そのため、モデルやタレントなど、装置をつけていることを気づかれたくない方々の多くがこの装置で治療されています。また、インビザライン(マウスピース矯正)矯正ではできない、複雑な歯の移動が可能なため、様々なかみ合わせの不正も治療することができます。

リンガル

ハーフリンガルとは

リンガルは人から気づかれることなく治療することが可能ですが、費用が高くなってしまうのがデメリットとなります。

しかし、人から見えにくい下の歯の装置を、表側矯正のクリアブラケット(白い表側矯正)にして、上の歯だけリンガルにする「ハーフリンガル」にすれば、費用も抑えることができ、なおかつ目立たないように治療を行うことが可能です。

ハーフリンガル

裏側矯正の特徴

裏側矯正の最大の特長は「見えない」ことです。歯の裏側で治療を行うため、人に知られることなく、「いつの間にか」きれいな歯ならびになることができます。また、治療の手技や歯の動きは、基本的に表側矯正と同じですので、表側矯正と同様に信頼性の高い治療が可能で、インビザライン(マウスピース矯正)では困難なかみ合わせの不正も治療することができます。

また、裏側に装置を付けることにより、装置の周りの汚れに対して、だ液の持つ抗菌作用が働き、治療中にむし歯になる可能性が減少するといわれています。そのため、比較的むし歯になりやすい中学生、高校生にも裏側矯正での治療をおすすめしています。

裏側に装置を付けることにより、舌が装置に当たり、慣れるまでの間しゃべりにくくなることがデメリットとして挙げられます。そこで当院では、歯に付けるブラケットを舌感の良い小さな装置にすることで、違和感を軽減し、早く装置に慣れることができるように配慮しています。